タグホイヤー腕時計のメンテナンスについて

腕時計を身につけることで得られるメリット

最近では、時計の機能を搭載した携帯電話やスマートフォンが数多く登場してきています。そのような状況の中で、腕時計をする機会も減少する傾向にありますが、携帯などでは腕時計の代用をすることが難しい場合もあります。
例えばビジネスシーンにおいては、時間を知るために携帯を取り出すと、対外的な印象が悪くなるケースも存在します。そのため、時計は現在でも有効的に使用できます。
腕時計のブランドにはさまざまな種類がありますが、中でも人気の高いメーカーの一つにタグホイヤーがあります。
これは、比較的リーズナブルな価格設定や高い知名度が魅力的なブランドです。そのため、ビジネスシーンで活用する場合にも使い勝手の良いメーカーと言えます。タグホイヤーなどの腕時計を購入した場合には、せっかくなので少しでも長く使い続けたいところです。時計を長持ちさせるためには、適切なメンテナンスを行なう必要があります。時計の劣化や損傷を防いで寿命を延ばしたいと考えるのであれば、定期的にオーバーホールを行なうのもおすすめの方法です。
オーバーホールは、時計をパーツごとに分解して洗浄や注油、タイミング調整などの作業を行なうメンテナンス方法です。定期的にオーバーホールを行なうと、外見的には分からない内部の劣化や損傷も見つけ出して対策を講じることが可能です。そのため、故障などの問題が発生してから修理する場合と比較して、時計にかかる負担が少なくて済み、寿命も長くなることが期待できます。

アクアレーサー

時計を長く使うために気を付けること

衝撃

タグ・ホイヤーの時計は、耐衝撃性の検査を受け合格基準を満たした状態で出荷されていますが、それでも、時計に激しい衝撃が加わらないようにしましょう。外見的な傷の他にも、内部の時計素材・パーツのに負担を与え早期の摩耗の原因となり、時計の性能に悪影響を与える事になってしまいます。

磁場

目に見えませんが磁場も時計の性能に影響を与える可能性があります。その為、強い磁場を発生させるスピーカー、冷蔵庫、携帯電話等の機器、または、バッグや箱などについている磁石の近くに腕時計を放置しないようにしましょう。また、空港でボディスキャナーを通る際には時計を外すようお勧めします。
愛用の腕時計が磁気を帯びているかどうかの確認方法を知っておくことで時計に負担を掛けているかどうかの判断を下すことが容易になります。
お使いの機械式時計が磁気を帯びているかどうか確かめるには、普通のコンパス(電子コンパスでないもの)の近くに置いて、コンパスの針が動き始めるかどうか確かめてください。
時計が磁気を帯びてる場合はコンパスの針が動きます。その場合は、時計をタグ・ホイヤー正規カスタマー・サービスセンターや時計修理業者に修理に出すことをお勧めします。センターでは特別な装置を使って、時計を通常の作動状態に復元します。
クォーツ時計では、影響は一時的なものなので心配はいりません。クォーツ時計が磁場に触れると時計は動きを止めますが、磁場から離れると再び動き始めます。
最も気を付けなければならないのは自動巻時計です。3種類の時計の中で時計本体の影響が最も深刻です。
症状としては時計が完全に止まってしまったり、誤差が生じて修理業者による修理が必要になったりする場合があります。なので、その影響を受けないためにも磁気を発生する機器から時計を少なくとも5cmは離すようにしてください。
60ガウス(磁場の強さの単位)未満の磁場の場合は、どの時計にも影響はありません。

オーバーホールにお勧めな業者は?

日常的に出来る時計のメンテナンス

時計を長く利用したいのであれば、日ごろのメンテナンスが大切です。
時計をより長く快適な状態で使用し続けるためには、定期的(2,3か月程度)にお手入れをすることが大切です。

時計の種類や機能によってその内容は異なりますが防水時計の場合は、リューズがしっかりとケースに押し込まれているか(モデルによっては、ケースにねじ込まれているか)。また、過去1年以内にタグ・ホイヤー正規カスタマー・サービスセンターでガスケットの交換または点検が行われたかを確認しましょう。
その確認を行った後に、柔らかい布やブラシを使って、少量の石鹸を溶かした水で時計の汚れを落としていきましょう。その後、水でよくすすいでから、柔らかい布で水気を拭き取りましょう。
お使いの時計の防水性に心配がある場合は、柔らかいブラシを使って汚れを落としてください。
時計に使わている素材の中でも繊維、レザー、アリゲーター、蛇革のストラップは、水に濡らさないようにしましょう。
天然のレザーは生きている素材ともいわれ非常に繊細です。使っている時間と共に少しずつ色があせていくということに注意してください。
時計が塩水につかった場合は、真水でよくすすいでから柔らかい布で水気を拭き取りましょう。

その他の関連するコンテンツをご紹介

腕時計は現在の時刻を知るために使用するアイテムですが、タグホイヤーなどのブランド腕時計は、社会的ステータスやファッションセンスをアピールするという役割も果たします。
ブランドものの腕時計は、高い値段で取引される傾向にあるために、身につけているとステータスが高く経済的に豊かな人とみなされることが多くなります。また、ブランド腕時計は、機能性のみならずデザイン性にも優れているものが多く存在します。そのため、現在時刻を知るためだけではなく、ファッションアイテムの一つとして身につけることもできます。
ブランド腕時計は、購入時にかかる費用のことを考えても、一般的な消費者がそう簡単に買い替えられるものではありません。
購入した腕時計を長く愛用し続けるためには、メンテナンスの方法にも気を配ることが大事です。時計は精密機械であるために、長い期間にわたって使用し続けていると少しずつ問題が生じてくることがあります。例えば、長く使い続けている腕時計の時間の進みや遅れが気になるという場合には、時計を買い替える前にオーバーホールすることも検討してみると良いでしょう。
オーバーホールを依頼するにあたって、大切にしている腕時計を預けるからには、信頼の置ける業者を選定することが大切になります。業者によって技術レベルやサービス料金、作業方法などの違いがあるので、事前にしっかりと情報収集を行なっておきましょう。例えば、割高な料金を徴収しておきながらクオリティーの低い作業を行ない、すぐにまた壊れてしまう状態で納品する業者や、高額な料金を請求するために不必要な部品交換を行なう業者を利用するのは避けたいところです。
最近では、インターネットを通じたサービスが発達してきているので、検索エンジンを活用して業者を探してみるのも良いでしょう。そして、気になる業者が見つかったら、その会社のホームページでサービス内容などさらに詳しい情報を収集することが大切です。

MENU

ページの上部へ戻る