機械式時計はメンテナンスが必要な理由

機械式時計のメンテナンスとは?

まずは機械式時計のメンテナンスについての内容をご説明いたします。

①ケースや風防

ケースとは時計本体の部分を指します。風防とは、文字盤の上にあるガラスやアクリル素材を用いた覆い部分のことです。手垢や指紋などの汚れであれば、化繊の眼鏡拭きなどを使うことで綺麗にとれます。
ただし、水拭きは、時計本体内のムーブメントが錆びる原因になるので避けましょう。(生活防水を謳っていても、パッキンが劣化している状態は多くあります。)
前述の理由により、汗をかいた後は必ず乾いた布でから拭きをして、空気が乾燥した場所で保管しましょう。
風防は使用に伴う細かい傷がつきやすいです。そんな細かい傷がついた時は歯磨き粉で磨くと綺麗になります。(ガラス風防の反射防止用のコーティング等は磨くことが出来ませんので気を付けましょう。)

②ベルト

ベルトは素材によってメンテナンス方法が分かれます。スーツスタイルで用いられるのは金属や皮革のメンテナンス方法をご説明します。


金属製

使っているうちに、コマとコマの間に皮脂や手垢が入り込みます。接触による擦り傷などもあるでしょう。
汚れにを取る際は、必ず時計本体から分離した上で、中性洗剤等を使って洗います。綺麗に汚れを落とすのであれば、超音波洗浄機を利用することでより綺麗にすることが可能です。
擦り傷に関しては小さな傷であれば、研磨剤で磨くことで綺麗にすることが可能です。
深い傷は時計店などで磨いてもらう(現実には削ってもらう)必要があります。 その為、表面加工されている金属は磨くことが出来ません。


皮革製

メンテナンスの内容は革靴と同じ内容になります。
主な内容としては汗を丁寧にふき取る事と、レザートリートメントを塗ることです。

汗を丁寧にふき取る

革ベルトが劣化する最大の原因は「汗・湿気」といった水分です。その為、季節に関係なくベルトの内側の汗はしっかりふき取って下さい。
特に汗は塩分を含んでおり、革との相性は最悪なので気を付けましょう。

レザートリートメントを塗る

革によって変わりますがレザートリートメントを塗ることによって、汚れが付きにくく落としやすい状態になります。
特に夏場などの汗を書きやすい環境で使用する場合は、しっかりとした毎日のから拭き後に塗ってあげると、汗や汚れから革ベルトを守ってくれます。

③ムーブメント

機械式時計の特徴である、ゼンマイや歯車などの沢山の金属部品から出来ている機械式ムーブメントは当然、経年や使用に伴って摩耗や油切れなどの劣化が起きます。
そんな摩耗や劣化を修復、予防に必要になってくるのがムーブメントのメンテナンスです。もしくは「分解清掃・調整」「オーバーホール」ともいいます。非常に微細な分品を使っいる為、専門の職人や業者に任せる必要があります。
一般的なオーバーホールの内容は、分解点検、部品洗浄、摩耗部品の交換、注油と再組立て、進みや遅れの調整、外装の仕上げといった順番で行われます。
高級時計のほとんどが機械式のムーブメントを採用している為、専門の時計修理技師は多く存在します。

メンテナンス・オーバーホールは購入した時の精度を保つために必要

機械式時計を購入した人はデザインの良さだけでなく、精度にも注目して買い求めている場合がよくあります。
高い精度を安定して保てれば、いつでも時間を正確に表示できるようになり、時刻をいつでも正しく把握できます。
中でも高級なアイテム、有名ブランドのものであれば、精度にも定評があるでしょう。
しかしどうしても時計は時間が経過すると徐々に劣化してしまい、正確に時を刻むことは難しくなります。
特に機械式のものでは歯車や脱進調速装置など常に動いているパーツがたくさんあります。
これらの部品は長く使用していると油が劣化してしまって、スムーズに回転できなくなります。その他にも摩擦によって摩耗してしまい、精度がダウンしてしまうこともあり得ます。そのため定期的にメンテナンスを受けて、その性能をできるだけ新品の状態で維持することが求められます。
ユーザーの中には、調子が悪くなったり、故障したりしてから初めて専門店に持ち込む人もいます。有名メーカーの腕時計であれば値の張るものも多いですから、事態が大ごとにならないようになるべく定期的にメンテナンスをするようにしましょう。
同じ機械としては自動車もいろいろなパーツによって構成されており、消耗品も含まれているため、定期的な点検や交換が必要です。
車検があるのは一定以上の性能を保ち、事故を未然に防ぐために行われます。それと同じで、多種多様な部品からなる時計も定期的にオーバーホールに出す必要があります。

オーバーホールにお勧めな業者は?

メンテナンスを受ける前の注意点

時計をメンテナンスに出す前に、購入した時に付いてきた取扱説明書の内容を一回チェックしてみるといいでしょう。
その中には保証内容や条件、アフターサービスについていろいろと書かれています。
お湯に浸けると故障するといったような当たり前のことが書かれている項目もありますが、このようなことを説明しているのは、それだけ高度な精密な機器であることをユーザーに理解してもらうためです。
時計と一口に言っても、一緒のペースで劣化して故障するわけではありません。
どのような環境で使用したか、どのくらいの頻度で使用しているかは個人によって異なります。
中には耐水性や耐衝撃性に優れていて、壊れにくい設計になっているものもあります。しかしこのような頑丈なものであっても、絶対に故障しないとは限りません。
例えばメーカーの想定外の衝撃を与えてしまった、極端に高温もしくは低温の環境で使用してしまったなどの悪条件が重なれば、故障する可能性は十分あります。悪条件で使用した際に故障しなくても、そのまま使い続けていることで結果的に故障してしまうこともありますから、メンテナンスは大切なのです。
特に近年はダイバーでも使用できるような防水性に優れたアイテムもたくさん出ています。防水性だから、水に濡らしても大丈夫と思っている人も多いでしょう。
ところがパッキンが劣化したり、ねじ込み式リューズの場合摩耗していたりすると、本来の機能を発揮できず壊れてしまうことも十分考えられます。そのためダイバーズウォッチのメーカーの説明書を見ると、防水機能が保たれているか定期的に検査を受けるように推奨されています。
また時計が塩水につかった場合は、真水ですすいでから乾かしてください。

普段は自分でもメンテナンスを

時計の内部の詳しいメンテナンスについては、プロの方にお願いすべきです。
素人が下手にいじってしまうと故障したり、症状が悪化したりするからです。しかしメンテナンスの中には、素人でもできるようなことがいろいろとあります。
例えば常日頃のクリーニングは誰でもできることです。
基本的に腕時計は身に着けて使用するものです。このため、長期間使っていると汗や皮脂などで汚れがどうしても溜まりやすくなります。
簡単なお手入れでも定期的に欠かさず行っていれば、いつまでも新品に近いきれいな状態をキープできます。
また皮脂や汗などが時計内部に入り込みにくくなり、品質の劣化も抑制期待できます。 ステンレス製のブレスレットタイプのものの場合、隙間に汚れが溜まります。
この部分を重点的に掃除して、きれいなピカピカの状態を保つことがおすすめです。立体的で複雑なデザインの場合は、歯ブラシを使って磨くと汚れをかき出すことが可能です。
特に裏蓋やコマの間の部分は、皮脂汚れの溜まりやすい箇所なので丁寧な掃除が必要となります。皮脂汚れをそのままの状態で放置すると、サビの原因となって時計の性能低下にもつながりかねません。
汚れがこびりついていて、歯ブラシをもってしてもきれいにできなければ、歯ブラシに水もしくはライターオイルを軽く含ませて磨いてみる方法もあります。 いくら防水性能のものであっても、水道水をザーザー出した状態で洗うのはおすすめできません。
ケースに水が浸入してしまい、壊れる原因ともなりかねないからです。メンテナンスをこまめに行うと、いつまでも一緒に時を刻み続けられるでしょう。

アクアレーサー

MENU

ページの上部へ戻る