タグホイヤーの魅力を徹底分析

タグホイヤーの魅力

タグホイヤーの始まり

タグホイヤーは、1860年に設立されたスイスの老舗時計ブランドです。数ある高級時計の中でも人気が高く、ウォッチブランドの魅力を内外に伝えています。しかし最初は、スイスの山中にある小さな時計工房に過ぎませんでした。その小さな工房が代々受け継がれていく間に、世界的に有名な時計ブランドに成長したのです。発展を遂げた理由としては、パイオニア精神に基づく技術革新が挙げられます。常に新たな技術を追求し、高度なテクノロジーを次々と発明しました。150年以上の歴史を刻む中、スポーツウォッチの開発に力を注ぎ、クロノグラフのスペシャリストとしてその名を馳せました。例えばタグホイヤーが特許を持つ振動ピニオンと呼ばれるムーブメントは、今日でも多くの時計メーカーが機械式クロノグラフに採用しています。クロノグラフとは、ストップウォッチ機能を備えた腕時計のことです。他にも、100分の1秒まで計測できる世界初のストップウォッチや、同じく世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントなど、多くの革新的な技術を生み出してきました。そして150年以上続く歴史の中で、インパクトのあるデザインや斬新な機能を持つモデルを次々と発表し、技術面だけでなくビジュアル的にも高い評価を得ています。

カレラコレクションの始まり

1964年に誕生したカレラは、スペイン語でレースの意味を持ち、メキシコの公道レースが名前の由来だと言われています。1996年に手巻き式の復刻版が発表されますが、機能も見た目もクラシカルで、定番化するには至りませんでした。しかし、2004年にタキメータークロノグラフが登場したことにより、生まれ変わったカレラとしてタグホイヤーを代表するコレクションとなります。デザインが現代的になり、ハリウッドスターを使った広告も功を奏しました。こうして新たなデザインを取り入れた2004年以降の現代版カレラは、自社製ムーブメントを搭載することでより一層ブランドの価値を底上げしています。

タグホイヤーの魅力とは

タグホイヤーは日本でも愛用者が多い腕時計として知られており、金額的にも購入しやすいことから20代の若者にも人気があります。また、モデルの種類が豊富にあるため、自分好みのデザインが見つかりやすいですし、異なるモデルを購入してその日の気分やファッションに合わせて楽しむことも可能です。大きな特徴としては、スポーティーでありながらビジネスシーンでもフォーマルなシーンでも身に着けられる点が挙げられます。しかもデザインが美しいだけでなく実用性が高いことも魅力の一つです。こうした理由から一流アスリートにも多くの愛用者がいます。
実用性の高いモデルが多いタグホイヤーはそのメンテナンスが欠かせません。つまり長く愛用するためにはオーバーホールがとても重要になってきます。オーバーホールを行うことで良い状態を保つことができますし、故障を未然に防ぐことにもつながります。このオーバーホールはメーカーでももちろんできますが、腕時計の修理を専門に行っているところでも依頼することは可能です。

カレラ

モータースポーツとの関係

さまざまなスポーツの公式時計として採用されているタグホイヤーですが、特にモータースポーツとは深い関係があります。自動車レースの最高峰とも言うべきF1からインスピレーションを得たフォーミュラ1は、サーキットの内外を問わず着用できるデザインとして多くの支持を 集めています。タフな環境の下でも使用できるほど機能性が高く、F1のワールドチャンピオンたちも身に付けていることで知られています。また伝説的な元チャンピオンの名前を冠したモデルや、レディース用のモデルなどラインナップもバラエティーに富んでいて、なおかつ比較的手ごろな価格に設定されているのも人気の理由です。 フォーミュラ1と同じく、モータースポーツとの結びつきが強いモデルにモナコがあります。モナコ公国では毎年、F1モナコグランプリという市街地コースを使ったレースが開催されていて、それにちなんで名前が付けられました。タグホイヤーは、世界初の角型防水時計のモナコを1969年に発表しました。さらにモナコは、世界初の自動巻きクロノグラフでもあります。知名度を上げたのは、世界的に大ヒットしたカーアクション映画の中で、主人公がモナコを付けていたことがきっかけです。機械式時計が衰退すると同時にモナコも姿を消しますが、1998年に復刻版が作られました。幾度かの仕様やデザインの変更を経て、人気のシリーズとして定番化し、今なお多くのファンがいます。 1962年に発表されたオータヴィアは、タグホイヤーにおけるレーシングモデルの元祖とも言える存在です。初めて回転式ベゼルを使用したモデルとして人気が高く、約50年もの時を経て2017年に自社製ムーブメントを搭載した復刻版が発表されました。オリジナルの雰囲気を再現しながら現代的に進化したオータヴィアは、古くからの愛好者も納得できる仕上がりとなっています。

スポーツ分野でも突出した魅力を持つタグホイヤーのメンテナンス

世界の高級時計ブランドの中でも、スポーツ分野において突出した魅力を見せてくれるのがタグホイヤーです。とりわけ、1916年に発表された100分の1秒単位の計測能力を持つモデルは、タグホイヤーが長年培ってきたクロノグラフムーブメントの技術と、完璧なまでに美しいデザインとを両立するものです。精度もファッション性も高いこのシリーズは、現在も連綿と続く傑作腕時計のコレクションを生み出しています。機能性と芸術性の両面によって、タグホイヤーは時代のスポーツ界を牽引しました。
連続してオリンピック競技の計測担当に採用されたことで、タグホイヤーは一気にメジャーブランドへと躍り出ます。オリンピックの公式サプライヤーという名誉は、その後の隆盛を予言して余りあるものでした。1972年のミュンヘンオリンピックで使われた電子機器以上に、ミクロの時間を正確に刻んだともいわれています。
こういった歴史あるタグホイヤーの腕時計は精度の高さが魅力です。その精度を維持するためにはオーバーホールが必要ですが、依頼する業者の選び方も大切です。オーバーホールに自信のある業者は時計を全て分解して部品一つ一つを丁寧に洗浄します。この全てを分解するという作業はかなり高い技術力が要求されます。そのため、依頼する際にはどこまで細かく分解するのかも選び方のポイントになるでしょう。一般的にオーバーホールの後は新品仕上げという作業が行われますが、この作業をオーバーホールとは別の技術者が担当している業者があります。新品仕上げのクオリティーの高さを求めるなら、それに特化した職人が行っている業者を選ぶと安心です。

その他のスポーツウォッチ

モータースポーツのイメージが強いタグホイヤーですが、ダイバーズウォッチのアクアレーサーも人気モデルの一つです。ダイバーズウォッチとは、元々は海に潜るダイバーのために作られたものですが、普段使いできるようなデザインのものも多く、男女問わず人気の高い時計です。 1895年に懐中時計用防水ケースの特許を取得したタグホイヤーが作るダイバーズウォッチは、ハイスペックでデザイン性が高いという特徴を持っています。300メートルの防水を実現し、耐久性の高いセラミックベゼルを採用するなど、プロダイバーの使用にも耐える本格的なスペックでありながら、日常生活でも違和感のないデザインが魅力となっています。また価格的にも抑えられており、高級ダイバーズウォッチのエントリーモデルとして人気があります。 長い歴史に培われた確かな技術と経験によって作られているタグホイヤーの時計は、スペックやデザイン性の高さから、信頼できるスポーツウォッチとして知られています。今まで数多くのモデルが発表され、現在まで系譜をつなぐものもあれば、製造が終了したシリーズもあります。どのタグホイヤーのモデルにしても、長く愛用するためには自分で気に入ったものを選ぶことが大切です。新しいモデルは最新の機能を備えていて、古いモデルはクラシカルな使用感を楽しむことができるので、好みのものを見つけられるでしょう。

タグホイヤーのオーバーホールの必要性

世界の高級時計ブランドからは、それぞれ魅力的なモデルが時代とともに発表されています。中でも、スポーツウォッチで名高いタグホイヤーのモデルは、クロノグラフをはじめとする計測機能に、その魅力が集約しています。コンマ以下の秒数を争うスポーツ競技では、正確なタイムの計測と、計測機器のスムーズな操作性が求められます。タグホイヤーは、類まれな計測機能によってスポーツ競技、特にスピードが命のモータースポーツ競技をしっかり支えています。
19世紀のパリで初めて行われたといわれるカーレースは、自動車の開発や交通の整備を経て、今では国際的な大会を開催するに至っています。第二次世界大戦後、スポンサーシップシステムが確立すると、タグホイヤーもチームをサポートしながら、モータースポーツブームを大いに盛り上げました。カーレースの激しいデッドヒートには、正確な計測機能が欠かせません。可能な限りの速さを見せるマシンと、厳密な時間を刻む時計は、機械がもたらした新しい時代の象徴であったともいえます。
性能の高いマシンには、入念なメンテナンスが必要です。時計も同じで、精密なものほど定期的なオーバーホールが必要となります。時計の油は3、4年で酸化してしまうため、油切れで時計の寿命が縮まってしまう前に注油をしなければなりませんし、デリケートなタイミング調整も大切です。内部を分解して洗浄し、調整を施すオーバーホールは、メーカーに限らず専門の修理店が請け負っています。タグホイヤーの精密な計測機能もまた、きめ細かいオーバーホールを行うことで、長く保つことができます。

オーバーホール業者の比較ならこちら!

MENU

ページの上部へ戻る