タグホイヤーやカレラなどのブランド腕時計を所持している方へ

時計のオーバーホールに関するコンテンツ

タグホイヤーやカレラなどの時計を長く愛用し続けるためには、定期的にオーバーホールを行なうのもおすすめの方法になります。時計のオーバーホールは専門的なスキルが必要とされるため、専門の業者に依頼するのが一般的です。これから作業を依頼する場合には、事前に手続きの大まかな流れを理解しておくと良いでしょう。
まず、利用する業者を選定することとなりますが、最近ではホームページを運営している会社も数多く存在し、業者選びの利便性が高くなっています。各社のホームページを閲覧すれば、さまざまな情報を収集することができます。また、作業を依頼するにあたって質問や相談がある場合には、担当者に連絡してみると良いのではないでしょうか。
インターネット上で業者を探す場合、自宅の近くにない会社も候補となります。そのため、業者の選択肢が豊富になりますが、遠方の会社を訪れるためにはそれなりの負担がかかります。そのような問題を解決するためには、配送によるサービスを活用するという方法もあります。こちらは、アイテムを業者に発送して見積もりや作業を行なってもらうというサービスになります。このサービスでは、見積もりや作業の依頼から代金の支払い、品物の受け取りに至るまで、全ての手続きを自宅にいながらにして行なうことも可能です。そのため、仕事や家事、学業などに追われる忙しい日々を送っているビジネスパーソンや主婦、学生なども空いた時間を有効活用して手続きをすることができます。

配送サービスの利用について

これからタグホイヤーやカレラなどの時計のオーバーホールを依頼するにあたって、自宅の近くに店舗がない場合や、店舗はあっても現地を訪れる時間的余裕がない場合には、配送サービスを利用するのも良いでしょう。
配送サービスを活用することで、地理的な問題を解決することが可能となります。そのため、遠隔地に所在する業者であっても利用することができます。ただし、こちらのサービスでは品物を配送するための料金が発生するという問題点もあります。また、アイテムを梱包するための資材を調達する必要性も生じてきます。それらを解決するには、無料の梱包キットを提供してくれる業者も存在するのでチェックしてみることをおすすめします。こういった特典を受けることで、配送料金の支払いや梱包資材の調達をしなくて済むというアドバンテージがあります。しかも、専用のキットは時計の梱包や配送に特化した仕様となっていますので、専用キットを利用することで、自分で調達した資材を使用する場合よりも作業にかかる時間やエネルギーの負担が軽くて済み、配送の途中でアイテムが破損してしまうといったリスクも低くなります。
アイテムの梱包作業が終わったら、配送業者を手配して発送をすることとなります。その後、品物が相手方の会社に到着すると、担当者から見積金額が提示されるので、確認した上で作業を依頼するかどうかを決定します。見積もりの後に取引をキャンセルすることも可能ですが、その場合にはキャンセル料の有無や金額が問題となるので、事前に確認しておくことをおすすめします。見積金額に納得した場合は、そのまま作業を依頼します。その後代金の支払いが完了し、入金が確認されると作業が開始されます。そうして、作業が完了すると、業者から品物が返送されてくるので受け取ります。

オーバーホールにかかる費用や業者の選び方もチェックしておこう

時計を定期的にオーバーホールすることで、さまざまなメリットを得ることができます。例えば、外見からは特定できない問題も発見し、対策を講じることが可能になります。そのため、メンテナンスを依頼する日時を自分の都合に合わせて選ぶことができ、作業にかかる時間も少なくて済みます。また、不具合の原因となる要素を早期に発見し、対処することによって、時計にかかる負担が軽くなり、時計の寿命も延長することが期待されます。
専門の業者にタグホイヤーやカレラの時計をオーバーホール依頼するにあたっては、費用もチェックポイントになります。作業料金の概算は、電話やメールでも確認することが可能です。こちらの方法を実践した結果、あまりにも高額な金額が提示された場合には、業者の選び直しや依頼の取りやめも検討すると良いでしょう。また、正確な見積金額を知るためには、業者に現物を提示する必要があります。
オーバーホールをメーカーに依頼すると信頼性は高くなりますが、その分料金も高額になることが多いです。コストを重視するのであればメーカー以外の業者を利用するのがおすすめです。メーカー以外の業者を選定する場合には、まず、手持ちのアイテムを取り扱っている会社を探す必要があります。対応しているメーカーなどの情報は、各社のホームページ上にも詳しく掲載されているので、確認しておくと良いでしょう。

オーバーホール業者の比較ならこちら!

MENU

ページの上部へ戻る